日常 部屋

服が捨てられない!ミニマリストになるための第一歩が踏み出せない理由

 

ブランドに無頓着な南風シュージです。

とあるミニマリスト系の本に、まず服を処分しなさいと書かれていました。

どうやら、ミニマリストになるための第一歩が服の処分のようです。

なるほどね、と思って部屋を見回してみると、
タンスに入りきってない服が大量にある事に気が付きました。

 

 
スポンサーリンク

服が捨てられない理由

ボクは服にほとんど興味が無く、センスも無いので自分ではあまり買いません。
とはいえ、よく着る服と着ない服ははっきりしているので、処分するのはとても簡単だと思っています。着ない服を捨てればいいだけですし。

ところが、捨てたくても捨てられない理由があります。

それは、「自分で買った服ではない」ということ。

家族がボクに似合う服を選んで買ってきてくれるので、勝手に捨てられません。
捨てようと思って相談したこともありますが、「まだ新しいのに何故捨てるの?」と怒られてしまいました。相手はミニマリストではないので当たり前ですが。

ボクの服はボクの私物でもあり、家の備品でもあるということです。
家のお金で買った服は、自分の判断では捨てられないのです。

 

とりあえず服を部屋から無くしてみた

そこで、部屋の片付けを理由に、普段着てない服を一時的にウォークインクローゼットへ移動してみました。自分の部屋には普段着ている服だけをタンスに入れました。

なんという事でしょう! 部屋がスッキリと片付いたではありませんか!

要らない服が部屋に無いだけで、こんなに違うものかと驚きました。
やはり「ミニマリストの第一歩は、服の処分すること」は本当だったようです。

幸い、移動した服に関しては何も言われていません。結果オーライです。
なんでもやってみるものですね。

(部屋がある程度片付いた件に関しては、また別の記事で書きたいと思います)

 

まとめ

結局着ない服を処分することはできませんでしたが、本来服をしまうべき場所であるウォークインクローゼットに移動することで、同様の効果が体験できました。

服に興味が無くても自分の持っている服を把握し、同じような服を何度も買わないようにすることが大切だと思いました。(実際同じような服ばかり持ってました…)

どうせ処分できないのなら、着こなし方が分からないから普段着ない服を、着こなせるように勉強するのもアリかなと。ひょっとしたら新しい自分に出会えるかもしれない。そして、着古したモノから少しずつ処分していけたら最高ですね。

 

-日常, 部屋

Copyright© ミナミカフェ , 2017 AllRights Reserved.