文房具 雑記

ノートに「やることリスト」を書くのが楽しくて仕方がない

投稿日:

こんにちはシュージです。

仕事中って、家に帰ったらやりたいことをたくさん思いつきますよね

さかのぼること数年前、今より汚部屋だった頃、ふと会社のメモ用紙に「家に帰ったらやることリスト」を書いてみようと思いました。実行したら丸をするという簡単なものでしたが、いかにたくさん丸を付けられるかが楽しみになり、現在でも続いています。

 
スポンサーリンク

A5のツバメノートに「やることリスト」を書いています

今使っているのは、ツバメノートのA5サイズの40枚綴りのモノです。

最初は会社にある裏紙を使ったメモ用紙、次に使ったのは普通の大学ノート、リングノート、そして何かの本でツバメノートの存在を知り、色々なサイズや枚数のモノを試した結果、今のノートに落ち着きました。

かれこれもう10冊以上は使ってます。次第に使い終わるのも楽しみになっていきます。

ノートの種類には横罫や方眼、無地などがあります。

方眼を使う方が多いように感じますが、ボクはびっしり書きたいので横罫のモノを使っています。

メイドインジャパン。謹製って書いてある所が伝統を感じます。

ツバメ中性紙フールスという紙を使っているようです。

シャープペンで書いているとカーボン紙の原理で裏移りするので、クリアファイルを適当な大きさにカットして、下敷きとして使っています。

ノートカバーは、字が書きにくくなるので使っていません。

汚い字ですいません!

こんな感じで、どうでもいいようなやることを書いています。

書いても書かなくても良いような内容ばかりですが、丸が付けられると意外とストレス解消になるので、割と簡単にクリアできそうなことばかり書いてます。

「やること」ばかりでなく、「買うモノ」「欲しいモノ」「ミニマリスト考」「備忘録」などなど、今の自分が考えていることをすべて書き綴っています。

色々な方のブログを読んで参考になったことを、ジャンル毎にまとめたりもしています。

使うシャープペンにもこだわる

メモを書く時は、間違えても消せるようにシャープペンを使っています。

普通に書いているだけで常に先が尖る「クルトガ」というシャープペンに出会って以来、ずっと愛用しています。他のシャープペンが使えなくなってしまいました。

最初は普通のクルトガを使っていましたが、手が痛くなるので今はラバーグリップの付いたモノを使っています。

唯一の欠点は、ラバーグリップのモノだけなぜかペンクリップが付いていないので、コロコロと転がってしまうことです…。

そしてシャープペンの替え芯も、ハイユニのBと決めています。

HBよりBの方が濃く書けるので好きです。ハイユニなのは、ただ高級だからという理由です…。

実はこの2点、会社にも家にも同じモノを用意してあります。

どこで書いても同じ書き心地で書けるようにという理由です。

ノートと一緒に持ち歩けばいいのですが、ペンを忘れてきてしまうと書く気が起きなくなるので…。

まとめ

色々とこだわってますが、はっきり言ってただの自己満足です。

しかし、スマホでメモをするよりも、自分の手でノートにびっしりと書き、それが達成されていくのが楽しいのです。

また、分からない字を調べるようになったり、やることを忘れることもなくなりました。

仕事中の暇つぶしにはもってこいですよー。

 

-文房具, 雑記

Copyright© ミナミカフェ , 2017 AllRights Reserved.