ボールペン 文房具

替芯が内蔵されているペン

投稿日:

セーラー万年筆

[再生工場]FairLine フェアライン3プラスクリップ

ごく普通の3色ボールペンのように見えますが、実は秘密が隠されているんです。

この一見地味なシンプルカラーや製品名の前に付く文字にも秘密が隠されているんです。

 
スポンサーリンク

[再生工場]とは?

セーラー万年筆のペンには、[再生工場]シリーズというものがあります。

その名の通り、廃プラスチックを再利用した環境に優しいリサイクルされたボディを持つペンなのです。

このシリーズのペンには、商品名の前に[再生工場]が付きます。

廃プラスチックを再利用したペンと聞くと、なんだかすぐ割れたり壊れたりしそうなイメージがありますが、見た目も使用感も普通のボールペンと全く変わりません。言われなければ気がつかないでしょう。品質はとても良いと思います。

その証拠がコレ

このクリップ、上部を押すとバネでクリップが開く仕組みになっていて、ポケットにしまう時に便利な仕様になっています。

バインダータイプと呼ばれるクリップで、10万回の開閉試験をクリアしており、大きく開くので挟みやすく、閉じた状態の保持力も高いとのことで、全然ヤワじゃありません。むしろ頑丈。

現に、この手のクリップが付いているボールペンは、様々な現場でガンガン使われるボールペンに多く見られます。

また、使われているリフィル自体に色が付いていて、透明軸なら今何色を使っているのかすぐに分かります。

ただし、本体の色は透明以外もあるので、これは狙ったのか偶然なのかは分かりませんが、個人的には色の間違いを防ぐ事ができて便利だと思います。

最大の秘密

もちろんバネ式クリップ付きのボールペンは他社にもあるので、ここまでは普通の3色ボールペンと変わりありません。

しかし、最大の秘密はコレ

分かりましたか?

まだ分かりませんか?

それではコレを

1本だけ短いですね。

あれ?でも3色ボールペンなのにリフィルが4本。

おかしいですね。

正解はコレ。

なんと、予備の黒色のリフィルが内蔵されてます。

これはありそうでなかった発想です。

一番使われるであろう黒色を、いつインクが無くなってもいいように、本体に内蔵されているんです。

現場で使う事を想定されたボールペンだからこそ、現場の気持ちを考えて作られたボールペンなのだと思います。

収納されている時は、次の出番を待ちわびるかのように収まっています。

黒じゃなくて赤をたくさん使う人は、ここに赤いリフィルをさしておけばいいのです。

何かの拍子で急に書けなくなってしまった時も、内蔵リフィルと交換すればいいのです。

ボールペンをガンガン使う現場の人にしか分からない発想です。

総評

近年、新しいインクの開発により、ボクが大好きなヌラヌラ系の油性ボールペンが減ってきてしまいました。

実際仕事でボールペンを使っていて感じるのですが、複写用紙に力を入れて書いたりする時はヌラヌラ系に限ります。

サラサラ系は力を入れると滑ってしまい、うまく書けません。

メモを取る時くらいしか使いませんので、一般家庭向けですね。

 

今回は紹介できませんでしたが、このボールペンにストラップが付いた、フェアライン3ワークハードというモノもあります。

セーラー万年筆 フェアライン3 ワークハード0.7

また、廃番なのかあまり見かけませんが、[再生工場]フェアライン51と呼ばれる5色ボールペンにシャープペンが付いたものもあります。

本体の色も、クリア以外にクリアブルーやクリアオレンジなど実は6〜7色あったりもします。

他にも、他社には無い発想で面白い組み合わせの多色ボールペンを販売しています。

 

セーラー万年筆の環境への配慮、実際に使う現場の理解度、遊び心が垣間見れました。

また新しいモノが入手できたら紹介していきたいと思います。

 

-ボールペン, 文房具

Copyright© ミナミカフェ , 2019 AllRights Reserved.